スカイマークの国内線を初めて利用した体験談

きっちりと福岡空港に定刻通りに到着

定刻通りに出発。
これはビジネスマンにとっては嬉しいこと。
途中、気流の流れで機体が激しく揺れた際、隣のお子さんが激しく泣きはじめました。
お母さんが大丈夫だよ言い聞かせても、お子さんは声を上げて泣いたまま。
そこへ最後部で待機していた客室乗務員の方が絵本を持って現れ、膝を折り子供と同じ目線にすると「この絵本、面白いから読んでみようね」と優しく声をかけていました。
その後、しばらくしてからネスレと共同開発したオリジナルのキットカットと、暖かいホットコーヒーをいただきました。
暖房が入っても寒がりな私には体のなかがポカポカする暖かさでした。
「ブランケットもいかがですか?」と訊かれたので、よほど寒そうな顔をしていたのでしょう。
その他に機内販売メニューもありましたが有料です。
国内線のなかでも延着率が低いと評価されているだけに、きっちりと福岡空港には定刻通りに到着。
到着後、すぐに商談を控えていたので助かりました。
今後も福岡へ出張の際はスカイマークを利用したいと思います。

てか伊丹から大阪城行くのと三宮から行くので+高崎から前橋に行くぐらいの距離なんだな 次から大阪城ホール行く時はスカイマークで神戸まで行くことにしよう 勉強になった

— NAU (@revolversix) 2018年2月15日

圧倒的なコストパフォーマンス | 座席が狭いというイメージが払拭された | きっちりと福岡空港に定刻通りに到着